進学の助け舟と言えば武田塾

こういった浪人生を無くすには、本人と予備校の関係も大事ですが親が子供の勉強風景に興味を持つ事も必要です。もちろん予備校は楽しく、判りやすい授業をして生徒を引付け合格までのサポートが素晴らしい所が殆どですが、生徒本人のやる気がなかったら意味がありませんし、浪人生を支える家族の協力は、受験生にとって大きな力になると考えています。

 

有名講師の授業を受けて合格しないなんてことはないなんて、勘違いしていた人も少なからずいたようですが、講師達はあくまでも勉強を教え、勉強しやすい環境を作ってあげられるだけで試験の答えてを教えるわけではありません。最近は、講師任せの親も増えていて、良く耳にする話ですと合格率が屹々大手の有名予備校に入学したのに成績がなかなか上がらないと言う親の話。

 

まず夢や希望を持たず、ただ就職したくない、とりあえず大学行きたいと思っていた人や適当に1年間もやれば自分の成績なら、普通レベルのところには入れるだろうと考えている人。もちろん有名講師だからこそ授業が楽しかったり判りやすかったりするので、聴いているだけで身に付くと考える人もいるかもしれませんが、覚えたと思ったことやノートを取っていても復習などしないと忘れてしまうので気を付けて下さい。

 

浪人生達の殆どは、体調を崩す、緊張してしまい成果がだせない、など頑張った人も多くいると思いますが、予備校で勉強している浪人生の中には今から紹介するタイプの人も少なからずいると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ